【無料の画像入りネタバレ】クラゲ娘ちゃんのあまあま♪愛玩交配日記

【クラゲ娘ちゃんのあまあま♪愛玩交配日記】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画は公式サイト(Bookliveコミック)で

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓

飼ってたクラゲが美少女になっちゃった!?寂しい生活を送る一人の青年。彼の癒やしはペットのクラゲだけ。
そんなある夜、誰かに呼ばれて目を覚ますと…眼の前には可愛い女の子が!でも普通の人間ではなく、肌がうっすら透き通っていて、帽子のような頭からは触手がたくさん生えていて!?「いつもありがとうございます。
ご主人サマ♪」なんとその正体は、飼っているクラゲの「ミク」だった!そして彼女は「エッチな恩返し」をしてくれると言い出して…
おっきなプルプルおっぱいにむしゃぶりついて、ヌルヌルクラゲオマ○コにたっぷり生出し♪
ウエウネ触手で体中から耳の中まで舐め回されて、さらに毒針でチクリとされたらナニが大変なことになっちゃって!?
こんな快感人間の女の子相手じゃ絶対味わえない!
可愛すぎる人外娘とのイチャらぶ濃厚セッ○ス!

この漫画のお試し読み

釣り人や通行人が沢山いる所でのカーセックス私と彼氏は1泊2日での旅行の帰りの中でお互いの大事なところを触りあっていると、お互いがエッチな気分になり、ラブホテルを探していました。

 

 

田舎だったのですぐに行けるラブホテルも近くには無く、前日のお泊まりでお金をたくさん使ってしまっていたのでラブホテルは諦めました。

しかし、エッチは諦めきれず彼が「じゃあ、もうここでしよっか」と言い出したので、さすがに車がそこそこ通る海岸沿いですぐそこに釣りをしている人もいるので、「恥ずかしい」と断りました。

しかし、彼は「見られながらすると興奮する」と、私を押し倒し、ゆっくり入れてきました。

 

その時季節は梅雨でジメジメしていて、車内は熱くなり、彼は全裸になり、私も脱がされました。

彼は興奮がエスカレートし、ついに車のドアを開けたまま腰をふりはじめました。

 

 

最初は恥ずかしさで泣きそうでしたが、彼のテクニックがすごくて気持ちよくて、だんだん「誰かに見られているかも」というのに興奮してきてたくさん濡れてきて、彼は更に大興奮。

彼は我慢しきれなくなりいってしまいましたが、すぐに2回目挿入。

 

 

彼のあんなに興奮した姿をみたのは初めてで、二人とも興奮がすごくて気分も肉体もすごく気持ちよかったです。

 

【クラゲ娘ちゃんのあまあま♪愛玩交配日記】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画は公式サイト(Bookliveコミック)で

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓

2話のお試し読み

お互い興奮する秘訣お医者様との肉体関係が人生の中で最も燃えました。お医者様だけに人間の生態は知り尽くしてます。

 

 

お医者様は、私の服のボタンを過ごし外して聴診器を当てるみたいに顔を胸に近づけて来ました。

 

胸を触診するみたいに優しく触り[あっ 少し硬くかってるよ。

まだ始まったばかりなのにもう興奮してるの?スケベだなぁ]と言われました。

 

 

お医者様の手は胸を触りながら下へと下ります。

 

私が最も快感を感じるのは膣です。

 

 

膣に手が来た時に[あっ いやーん きっ気持ちがいいー あっ あっ もっと]と声が出ました。頭の中がお花畑が広がる感じがしました。

腰は横や上に揺れました。

 

私が声を出せば出すほど相手の鼻息も荒くなり体が興奮してるのがわかりました。

吐息も色ぽく出したり時には あっ!と声を混ぜるのも秘訣です。

 

 

あーんっと いやーん 気持ちいいは相手が喜びます。

男性ね硬くなったシンボルは、常に触る感じで舐める時は唾液をたくさんつけて流すぐらいでフェラチオすると良いです。

 

 

私と相手の鼻息が猛獣みたいに荒くなり呼吸が苦しくなりました。

 

 

体全身が浮く感じになりました。もう死にそうなぐらいな感じになりお互い失神しました。

 

 

大満足でした。

 

【クラゲ娘ちゃんのあまあま♪愛玩交配日記】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画は公式サイト(Bookliveコミック)で

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓

 

 

2話のお試し読み

仕事の内容はダンス教室を担当しながら接客をしていたのですが、ある日前々から綺麗だな…思っていたクラスのお客様から声を掛けられ、この後お食事でも行きませんか?

今日出なくても構いませんと、連絡先を渡されました。

 

 

勿論私は断ることなく、仕事の終わる時間を伝え待って貰うことに、食事中はダンスの話やスポーツクラブの中の話で盛り上がって楽しい時間が過ぎて行きました。

日付もまたぐ位の時間になり、帰るか帰らないかの時間になった辺りに、お客様から彼女はいるのか?との質問が上がり、私も独り身だったのと、そもそも意識していた異性に告白され正直に嬉しかったです。

私達はそのまま付き合うことになりました。

 

 

お店を出てホテルに行きその日に彼女を抱きました。

 

 

職場のルールでお客様と関係を持ってはならないと規約があったのもあり、罪悪感を感じながらの雰囲気はとても燃えました。

 

 

その次の日からというもの、職場で彼女を見る度顔に出さぬよう内緒の関係を続け、あるときは仕事の合間に会って車の中で抱いた事も有りました。

 

そんな彼女と今では結婚して子供と3人と幸せに暮らしております。

【クラゲ娘ちゃんのあまあま♪愛玩交配日記】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画は公式サイト(Bookliveコミック)で

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓

 

 

3話のお試し読み

シックスナインが好きな彼女と…彼女は、職場の1年先輩上司でした。

 

 

仕事もそれなりにてきぱきとこなす、性格も良い上司でした。

 

普段は真面目そのものでしたが、裏ではツンデレタイプで2人でいるときには、普段は他の方には見せないようなデレデレとした姿が印象的でした。

 

彼女はコスプレ願望が相当あるようでいつもコスプレの衣装に着替えて場面設定をするのが大好きでした。

特にチアリーダーの衣装には格別の思い入れがあったようでした。彼女の方から、Hしたくなってくると着替えて誘ってくるのが常でした。

 

序盤は先輩上司らしく、リードしてくるのですが、途中からシックスナインの体勢になると乱れ始めます。かわいらしい喘ぎ声であえぎまくりました。

「あぁぁぁぁ、ダメェ~」あそこをピチャピチャさせながら、それでも後輩よりも先にイってはいけないという思いもあるのか膝をプルプルさせながら我慢していました。

それでも高速で攻め立てると次第にあそこからの音も大きくなり始め「先輩、まだ早すぎますよ~」というと、「意地悪~、もうダメェ~、いっちゃうぅぅぅ~」大体先に潮を吹きだしてしまいます。

その後は僕が発射するまでフェラをしてもらうのが定番となっております。

 

もちろんその後は、本番行為もかなり激しく行います。

【クラゲ娘ちゃんのあまあま♪愛玩交配日記】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画は公式サイト(Bookliveコミック)で

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓

 

 

4話のお試し読み

いちゃいちゃするよりもエッチした方がいいなと感じます。

 

 

生理中や体調の優れない時はエッチはせずいちゃいちゃしますが、楽しくないなと感じます。

 

 

エッチをしていると、時間があっという間に経っていたり、気持ちいいと感じるのでいちゃいちゃよりもエッチが好きです。

お互い経験が少なく初めての相手同士なのでテクニックはそんなになく、マンネリがちですがそれでもエッチの方が好きです。

ワンパターンでも気持ちいいと思えるのは相性がいいのかどうかはわかりませんが、気持ちいいのでいちゃいちゃするよりもエッチの方が好きです。

 

それに、ゴム有りよりも生の方が断然好きです。

ゴム有りだと感度が落ちるというのもありますが、1度ゴムが体の中に入ったまま抜けなくなりそうになった経験から、ゴムがまた途中で抜けて体の中に入ったらどうしようという考えが頭に浮かぶのも原因だと思います。

浮気もしない、経験人数が今の相手だけという状況なので性病の心配はほぼ皆無なので、だったらピルで避妊をした方が避妊成功率も上がるのでいいかなと思ってピルで避妊、生でのエッチを楽しんでいます。

たまに生理が終わった直後でゴム有りエッチをお願いしますが、気持ちよさが断然違います。

【クラゲ娘ちゃんのあまあま♪愛玩交配日記】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画は公式サイト(Bookliveコミック)で

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓

この漫画の感想

彼でしかイケなくなった。

 

20代後半で知り合った彼はとても温厚で頼り甲斐のある人でした。

 

 

仕事のグループリーダーも務めて、歳も上だったこともありとても尊敬していました。

 

 

そんな彼とひょんな事から同じ高校出身という事がわかり、それをきっかけに距離がどんどん近づいて度々デートをする関係になりました。

 

 

この時点ではまだお付き合いはしていませんでしたが、一緒にいると楽しく時間を忘れてしまうくらいでした。

 

【クラゲ娘ちゃんのあまあま♪愛玩交配日記】

<<この漫画を無料で読む>>

この漫画は公式サイト(Bookliveコミック)で

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓